伐採は業者に任せると安心|流れを把握しておこう

草むしりを楽に行なう方法

草刈りする人たち

草むしりは定期的にしておかないと、すぐに雑草が増えてしまいます。草むしりは頻繁に行なう作業だからこそ、自分が楽にできる方法を見つけることが大切です。まずは、草むしりに最適なタイミングですが、梅雨明けが好ましいとされています。雑草は簡単に抜けるものもあれば、地中の奥深くにまで根を張って簡単に抜けないものもあります。なかなか抜けない雑草は両手で掴んで体重をかけて抜く必要があるので、相当な大量を消耗してしまいます。特に夏の暑い日は体力の消耗が激しくなります。場合によっては草むしりの後に体調を崩してしまうかもしれません。雑草が根を広げるのは、日差しの強い真夏の時期です。雑草が抜けにくくなる前の梅雨明けのタイミングで一気に草むしりをするのがおすすめです。

草むしりは土が湿った状態だと簡単に抜くことができます。早朝の時間帯や梅雨の時期の晴れた日は土がほどよく湿っているので、草むしりを楽に行なうことができます。また、草むしりはずっと下を向いてしゃがんだ状態で行なうため、足腰に負担がかかってしまいます。そんな時に楽に草むしりをするコツは、椅子に座って作業するということです。ホームセンターやガーデニング用品店には農作業用の小さい椅子があるので探してみると良いでしょう。他にも、鎌や草刈りヅメなどの道具を使ってするのも草むしりを楽に行なうコツです。できるだけ体に負担をかけないようにするためにも、自分がやりやすい方法を見つけてみて下さい。