伐採は業者に任せると安心|流れを把握しておこう

草むしりを楽に行なう方法

草刈りする人たち

庭に生えてくる雑草はそのままにしておくとどんどん成長し増えてしまいます。そのため、こまめに草むしりを行なう必要がありおますがこれが意外に重労働です。そこで、楽に草むしりができる方法をご紹介したいと思います。

More Detail

信頼できる業者を選ぶ

庭

自分の理想の庭を造りたいのであれば、専門の業者に造園を依頼すると良いでしょう。業者によって庭の仕上がりが異なるので、できるだけ要望に応えてくれる業者を選ぶことが大切です。

More Detail

抜根を行なうメリット

作業員

伐採を行なった後に残った切り株を根元から取り除くには抜根という作業が必要になります。重機を使って行なう大がかりな作業なので、必ず業者に依頼して作業してもらうようにしましょう。

More Detail

伐採作業の流れを知ろう

メンズ

「剪定」と「伐採」の違いをご存じでしょうか。この二つを同じ意味だと思っている人は少なくありません。しかし、この二つには明確な違いがあります。「剪定」というのは庭木の枝を切ることで風通しを良くしたり、綺麗な形に整えたりする作業のことをいいます。一方「伐採」は、木を根元から切り倒す作業のことを言います。業者に依頼する際は、この二つを間違えないように気を付けましょう。初めて業者を利用するという人は事前に依頼から作業完了までの流れを把握しておくと安心です。

伐採作業を依頼する業者が決まったら、まずは見積もりを出してもらいましょう。自分が住んでいる地域の伐採業者に電話か、もしくはメールで見積もりを出してもらうよう依頼をします。初めての依頼で、料金の目安や作業内容について聞きたいことがいくつかある場合は、電話での問い合わせが良いでしょう。見積もりの依頼が済んだら、業者の人に自宅に来てもらい、現場を確認してもらいます。電話やメールのみで見積もりを出してくれる業者もありますが、ほとんどの業者は実際に伐採する木を確認した上で、詳細な見積もりを出してくれます。見積もりを提示してもらい、その料金に納得した場合は契約をします。見積もりを提示されたら必ず契約しなければならないというわけではないので、他の業者と比較したい場合は一旦断っても構いません。契約が済んだら、伐採を行なう日時を決めていきます。伐採作業は立ち合いが必要になるため、都合のいい日を事前に確認しておくことが大切です。